社外CFOサービスの特徴

社外CFOサービスとは、経営管理を中心とした管理部門業務で、経営者をサポートするサービスです。

CFOサポートの特徴は以下の通りです
1.事業会社の管理職と取締役の立場で2社のIPOを経験
2.財務経理のみならず、人事労務・法務・広報IR等に加え、事業部門も経験し、会社全体を俯瞰可能
3.配下の管理部門メンバーの育成を行っていたため、社内人材の育成が可能

コストと効果

1.以下前提においては社外CFOを利用した場合、初年度1,080万円を他に利用可能
・CFOを採用する場合:初年度1,440万円(月額80万円+社会保険料(15%)12万円+仲介手数料(年収の35%)336万円)
・社外CFOの場合  :初年度  360万円(月額30万円と仮定 ※半常駐型 週1回程度訪問(月25~30時間))

2.長所
・人材育成も兼ねるため、経験が浅い社員を、中期で戦力化することが可能
・管理部門が1名であっても、既存の社外の専門家と連携し、IPO準備を進める事が可能
・社外CFOは変動費であるため、経営環境に合わせて、コストを調整することが可能
・CFOの採用と平行して、早い段階からIPO準備を進める事が可能

3.短所
・常勤と比較した場合、社内の情報量や業務量が落ちる

IPOを目指す企業用プラン

IPOを目指す企業に対しては、半常駐(週1/数時間~)といった形でサポート致します。
費用は、常駐する時間と対応する役割によって柔軟に調整致します。

・対社外:会社の側に立って、証券会社・監査法人・金融機関等との面談対応も行います。
・対社内:実務をサポートすることにより、財務経理部門の社員の成長をサポートします。

【対応業務】
1.経営陣サポート:
社内で対応すべき課題や問題を、経営陣と共に検討し、社内外のリソースと共に解決していきます

2.社外専門家対応:
監査法人対応、証券会社対応、金融機関対応等

3.人材育成:
経理財務部門の社員を中心に、早い段階から、社員の成長をサポートします

4.IPO業務サポート:
月次決算、四半期決算、年次決算、開示書類作成サポート

5.ガバナンス関連:
各種業務フロー作成、内部統制構築サポート、内部監査サポート、各種規定作成

気軽にお問い合わせください。050-5374-3753受付時間 10:00-19:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ