評価制度の必要性

本日は、評価制度について記事にしたいと思います。

どの会社にも評価制度はあると思いますが、「評価ってめんどくさい業務」として捉えられているのではないかと思います。

私もそう思っていた時期がありました。

 

しかし、会社成長のためには、評価制度を適切に運用して、各自が納得して気持ち良く働いてもらう必要があることに気づきました。

評価のタイミングは、会社からの意見も言えますし、社員からの意見も言えるので、認識をすり合わせるのに良い機会となります。

適切に運用出来れば、社員の成長の機会になるため、評価制度は重要であると考えています。

1.会社と個人の認識のすり合わせが出来る

評価制度があれば、どういった人材が評価されるのか、どういった尺度で評価されるのかが分かります。

従って、「私はこう思っています」という考え方で会社の評価軸と異なっていた場合、評価は低くなってしまいます。

そのため、会社として望んでいる事を明確にすることにより、個人の認識と差が生じていた場合、早い段階で、すり合わせが出来ると考えています。

2.評価に対して納得感を持つことが出来る

評価制度により、評価軸が明確になっている場合は、評価結果について一定納得して頂けます。

当然、全てを定量化することは難しいですが、評価軸が分かる事により、自身の評価が客観的に分かるため、納得感が高まります。

当然、評価が低い場合は納得されないこともありますが、それは丁寧に会話することでしか解消しないです。

大事なことは「なんとなく評価しているのではなく、評価軸が明確である」事を理解してもらうことだと考えています。

3.人材が成長する

どういった人材が評価されるのか、また、どういった人材が評価されないのか納得すると、人は行動が変わります。

今回評価が高くなくとも、次回は評価を得られるように行動を変えられると、人は成長していきます。

結局会社は人ですので、人が成長しない組織は強くなりません。

そういった人材育成の観点からも評価制度は必要と考えています。

 

以上、評価制度について記事を纏めました。

評価制度は人を裁くものではなく、人を大事にする仕組みと私は考えています。

どういった人材が会社で評価されるのか明確になりますので、会社と社員双方にとって必要不可欠なものだと考えています。